忍者ブログ

ネコ大好き♪ママ母にゃんこのひとり言

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
我が家のニャンズ
ハナ様 (11歳)


あゆちゃん (10歳) ハナ様の娘


ハク君 (享年4歳) 


あきえさん (2歳半)
最新CM
[08/08 ママ母にゃんこ]
[08/08 にゃんにゃん]
[01/27 ママ母にゃんこ]
[01/26 くぅ]
[01/21 ママ母にゃんこ]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
ママ母にゃんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
お気に入り
お天気情報
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日、と言っても
もう日付が変わってるから 23日。

夜、寝る前になにげにニュース見てたら
「犬・猫の殺処分問題」みたいな内容で
綺麗なニュースキャスターが取材してた。

こりゃ、ヤバイ。
見たら、アカン・・・と思いながらも
目が離せなくて、見てしまってた。

熊本では、殺処分ゼロになったと。
保健所 イコール 殺処分 ではなく
命をつなぐ・里親を探す、と言うことにチカラを注いでの結果。
凄いと思った。

私の住む所でも、署名運動もしているにも係わらず
未だに処分・・・。
なんで、同じことが出来ない!?
憤りを感じながら、見ていた。

最後の映像。
殺処分される、まさにその時。
何頭かが、狭い中に閉じ込められて
ガスが入れられる。
苦しみ、もがく姿。
段々と息絶えていく姿。
全て映していた。

あの鳴き声が耳から離れない。
あの苦しんで息絶える顔が目に焼きついて離れない。

心臓がバクバクして
寝れなかった。

なんで、あそこまで映す必要があったのか!?

安易に保健所に持ち込む人間の姿とダブらせながら
そういった人達にこそ、見て欲しい映像だった。
おそらく、かなりの反響があっただろう。
良くも悪くも。

かなりショッキング。
一日経っても、未だにショックで・・・

賛否両論、あるだろうけれど
見てしまった私は
「見たくなかった」。

苦しんでいく顔が、忘れられない。
思いだしても、涙が出てくる。

処分する人も人間。
イヤな仕事だろう。
仕事だと割り切らなきゃ、出来ないだろう。

行政ばかりを攻める気はない。
飼い主のモラルの問題。

どれだけ書いても、気は納まらないけれど・・・
我が家の犬・猫を抱きしめずにはいられない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花素材サイト